【せどりSTEP1】ヤフオク販売 取引連絡編

どうも、くんたけです。

今回は、ヤフオクでの出品終了後の取引連絡についての動画講義になります。

取引連絡は出来るだけ簡単に済ませるためのコツを学んでください。

取引連絡はテンプレ化する

落札されたらあなたの仕事はもう一息です。

あとは、取引連絡を行い、入金確認後に発送するだけです。

このときにポイントになるのが、取引連絡は出来る限りやり取りを減らした方が楽だということです。

あなたはこれから商売としてヤフオク販売にも取り組む訳ですが、一つ取引に多くの時間を掛けられなくなってきます。

なので、出来る限り取引連絡はテンプレート化することをオススメします。

テンプレートは、はじめはヤフオクのテンプレートを使うといいでしょう。

ヤフオク取引テンプレート

取引連絡については4種類あります。

それぞれについて必要事項を説明します。

発送先住所、支払い、発送などについて

出品終了後、最初の連絡になります。

この取引連絡で多くの内容を記載した方が後々の取引がスムーズに行えます。

・落札価格
今回の落札価格を記載します。

・発送方法
商品説明で設定した発送方法を記載します。
宅急便の場合、発送業者、発送元地域、梱包サイズを伝えて、落札者でも送料が計算できるようにしておきます。

・支払い方法
支払い方法を伝えます。
このとき、あなたの口座情報を先に伝えておくと取引はスムーズになります。

・落札者情報を取得します。この項目を取得すればOKです。
名前
住所
連絡先
支払い方法
支払い予定日

入金確認、発送連絡、その他

入金確認が出来たら、落札者に入金確認出来た旨を伝えます。

入金確認後は、出来るだけ早く発送するように心がけてください。
発送が遅くなると、落札者は不安になります。

発送後は、配送業者と追跡番号を必ず伝えるようにしてください。
この連絡がないと最悪クレームにつながります。

その他の使い道ですが、

前述3つの連絡に当てはまらないときに使います。

例えば、
・住所の情報が間違っている
・入金連絡がきたが、入金されていない
などで使用すればいいと思います。

その他は、あまり使わないので目立ちますので旧を要する場合にも使えます。

取引連絡はささっと済ませるようにあなただけのテンプレートを作りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です