【せどりSTEP1】ヤフオク販売 商品写真の撮影方法

どうも、くんたけです。

今回は、ヤフオクでの不要品販売編の写真について解説します。

ヤフオク販売ではどのような写真を用意すればいいのかということを学んでください。

ヤフオクは写真が重要

ヤフオク販売において、写真の重要度は大きなウェイトを占めます。

入札者は写真と商品説明から商品状態を判断するしかないからです。

写真は、オークションページに基本の3枚と、出品ページ内に追加7枚を載せることが出来ます。

追加の7枚を載せる方法は、フォトアップという無料有料のサービスをオススメします。

また、写真の加工ツールを使えば、4枚の写真を1枚に合成できます。

この加工ツールは、windowsであれば、「Jtrim」があります。(フリーソフト)

macであれば、既存ソフトとの「プレビュー」を使うことで合成ができます。

綺麗な写真を撮る

写真の構図を決めます。

詳細は、この記事をみてください。

雑然と写るより整然に写っている方が印象がいいので、綺麗に並べます。

このとき、画角いっぱいに商品を並べた方がより綺麗に見えます。

背景を統一するとさらに綺麗にみえます。

モデルさんの撮影シーンを思い浮かべてもらえばいいのですが、

たいてい背景が白くなるようにセットされていると思います。

もちろん統一感があればいいので、何色でも構いませんが、やはり白が無難です。

写真撮影についてまとめます。

  • 写真が重要

・入札者は写真で判断する
・出来る限り多くの写真を用意する
・画像編集ツールで合成写真を用意する

  • 綺麗な写真を撮る

・写真の構図を決める
・背景を統一する
・全体画像を用意する

 

慣れるまでは、3枚だけでも構いません。

たくさん入札が入る写真のコツを掴むようにしてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です