【せどりSTEP2】アマゾン販売 梱包、出荷編

どうも、くんたけです。

今回は、アマゾン販売における梱包方法と出荷について解説します。

最低限の梱包と配送契約の方法について学んでください。

梱包方法

緩衝材を使って丁寧に梱包します。

あなたが受け取ったときに満足するように梱包します。

用意するもの

  • 緩衝材
  • ハサミ
  • OPPテープ(セロハンテープ)

クリーニング

出来る限り綺麗にします。

綺麗にすればそれだけで価値が上がります。

 

出荷

配送費用を抑えるために契約を結んでみましょう。

本当に結んでくれるだろうか。という気持ちもあるかもしれませんが、大丈夫です。

配送業者に連絡をすれば、見積もりを作成してくれます。

  • クロネコヤマト
  • 佐川急便
  • 日本郵便

まずはこの3社に見積もりをお願いするといいでしょう。

その際は、年間の配送個数を予定で構わないので伝えるようにしてください。

日本郵便は年間200個で契約してくれるので、一番敷居は低いです。

 

配送契約を結ばずに安く送る方法

クロネコヤマトの「ヤマト便」があります。

料金はこちらを参考にしてください。

 

重量単位で料金が設定されます。

送り先が一つであれば何箱用意しても大丈夫です。

30キロ単位で送料が変わります。

30キロ、60キロ、90キロの設定があります。

 

通常1000円以上はする120サイズもうまく送ることで@500円以下に抑えることができます。

 

配送費用は、原価に加わる部分なので出来るだけ抑える努力をしましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です