現代せどりの稼ぎ方〜せどらーの価値とは?〜

どうも、くんたけです。

今日は、せどらーが仕入れのときに気をつけるべきポイントについてお話しします。

付加価値を提供しよう

現代版せどりで稼ぐためのポイントは「付加価値の提供をすること」です。
せどりは、ネットビジネスの入門的な位置付けで扱われ、

「簡単に結果が出る」

というイメージがありますが、

本質を掴んでいないと絶対に成功しません。

 

その本質とは、ずばり

「付加価値を提供する」ことです。

 

よく、僕が聞かれるのは

「稼げるジャンルを教えてください!」

とか

「この商品どう思いますか?」

といった質問ですが、
新しいジャンルに目移りしやすいのは非常に危険です。

なぜなら、旧来のせどりで付加価値であった「目利き」は、
今となってはほとんど意味をなしていません。

インターネットの普及で誰でも簡単に仕入れ価格と販売価格を調べることが出来るようになったからです。

目利きとはこういうイメージです。

A店にとある本が100円で売られている。
その本は実はB店で10000円で買い取ってくれることを知っている。

A店からB店に移動させたせどらーの転売差益は9900円。

このとき、せどらーの価値は【目利き】になります。

旧来であれば、嗅覚とも言えるこの目利きは絶対領域として存在していたのですが、
ネットビジネスにおけるせどりでは販売先(アマゾンやヤフオク)での価格を調べるツールが
精度よく存在してしまうのであまり意味をなしていません。
(とはいえ、目利き・嗅覚・勘は潜在的に必要な能力でもあります。)

ともかく、稼げるジャンルや商品を追いかけ、
他人と同じことしか出来ない人は稼げないということです。

「浅く広い知識よりも狭くても深い知識」

自分だけの絶対領域を持っていれば、数倍も強いです。

物販の基本公式はこうです。

仕入れ+α(付加価値)→ 利益
仕入れた商品に、なんらかの【付加価値】を与え、仕入れ値以上に売る。
現代のせどりではどんな付加価値が付けられるでしょうか。

・写真で商品を見せる
・オマケを付ける
・クリーニングする
・検品する
などが挙げられます。

仕入れ → 【付加価値】 → 販売

この付加価値をどう付けるのかで利益が変わってきます。
現代版せどりでどうやって付加価値を付けるのか、
僕の例でお話しします。

中古家電せどりの例

僕は、先日初めて中古家電を仕入れて販売しました。

1個3500円の利益がでました。

どうやって利益を出したかというと、

動作未確認品の家電を500円で仕入れ、

商品のクリーニングと動作確認をして、5,000円で販売したのです。

この一連の流れで言うと僕の付加価値は、

「クリーニングと動作確認」ですね。
(この3,500円の優劣をどう捉えるかはお任せします。)

その行動で3,500円の利益がもたらされました。
僕の場合は、

仕入れ値を安く、回転を早く、高利益をもたらす

ことに注力しているので、優秀な仕入れだったと自負していますが。

もし、あなたがせどりで稼げないというのであれば、
どこに「付加価値」が付けられるのか。

そこをはっきり意識して取り組んでみてください。

付加価値が理解できれば、新品であろうが中古であろうが
せどりで稼ぐことは簡単です。

僕の稼ぎ方は、公式メルマガでお伝えしています。

無料ですので、よかったら読んでみてください。
(このページ最下部にあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です