稼ぐ

ヤフオクへの出品価格を決める(初級編第4回目)

投稿日:

どうも、くんたけです。

今回は、ヤフオク出品での出品価格について解説します。

出品価格は、どの出品形式を選ぶかによって変わってきますので、

それぞれの出品形式を理解し、価格を付けていきましょう。

 出品形式を決める

出品の形式には3通りあります。

  1. オークション形式
  2. 定額形式
  3. 定額形式(値下げ交渉可)

オークション形式

「競り上がりで高値で売りたい」 「すぐに売りたい」 というときに使います。

人気商品は、1円~出品することで相場よりも高く売れることがあります。

 

定額形式

「この価格でならすぐ売りたい」 「販売価格は自分で決めたい」 というときに使います。

自分の希望する価格で販売することができます。

 

定額形式(値下げ交渉可) ・・・購入希望者からの落札価格の提示を受けることができる。

「あと500円下げてくれたら買う」と購入希望者がオファーをだしてきます。

オファーを受けるかどうかの選択権はこちらにありますのでご安心を。

オークファンで落札履歴を調べる

不用品の出品といえど、高値で売りたいので、過去の落札履歴を調べて、 出品価格を決めていきます。

 

1.まずオークファンを開きます。

 

2.落札相場のタブを選択して、検索フォームに出品する商品を検索します。

今回僕は、「iphone4s 16GB simフリー 海外版」で検索します。

3つの履歴が表示されました。

おおよそ3万円前後で落札されるようです。

 

では、僕がいくらで出品するか例を挙げます。

パターン1:オークション形式

開始価格:1円

開催期間:終了日を日曜日に合わせる。

有料オプション:注目のオークションを20番目以内に設定する。

**ポイント**

人気商品の場合は、オークション形式でも相場で売れます。

相場の半額から開始とせずに、思い切って1円からスタートさせましょう。

注目のオークションは、上位表示してくれるので非常に効果的です。広告費と割り切って設定しましょう。

 

パターン2:定額形式

開始価格:29800円

開催期間:最短で設定し、再出品を3回に設定する。

**ポイント**

需要の少ない商品の場合は、定額形式で出品したほうがいいです。

競り上がらずに定額落札となるケースが多いです。

オークションの特性上、残り時間が短いものから表示されるので、最短期間で設定して、アクセス機会を増やしましょう。

 

パターン3:定額形式(値下げ交渉可)

開始価格:35000円

開催期間:最短で設定し、再出品を3回に設定する。

**ポイント**

値下げ交渉をつけた場合、交渉なしで落札されることはまずありえません。

相場よりも少し高く設定して、相場付近で交渉が入ることを期待しましょう。

 

以上が出品価格の付け方になります。

オークファンは落札履歴をみるのに非常に便利なサイトになります。

ぜひ有効活用してください。

-稼ぐ

Copyright© せどりと情報発信で稼いで自由気ままに生きれるようになった武石佳大のブログ , 2017 All Rights Reserved.